お問い合わせ

導入事例 / 7日間連続飛行可能な全天候型ロボットPARC

有線ドローンPARC HOME > 導入事例

導入事例


鉄塔の見通し調査 消防庁実証実験A 消防庁実証実験@
マラソン大会 近日公開 近日公開



有線ドローンを利用し、鉄塔の見通し調査を行いました。
東京ガス株式会社様(以下、東京ガス様)の多重無線構築にあたり、伝搬路を確認するため、有線ドローン「PARC」を活用した見通し調査を、株式会社ネクスト・エス様(以下、ネクスト・エス様)と1月30日(火)東京ガス様敷地内で実施しました。
調査内容はドローンを飛ばし、カメラ映像で対向先拠点の無線鉄塔7拠点との見通しを確認します。
そのうち3拠点は、各対向先鉄塔から調査拠点方向に日光反射鏡で光を送り、反射光を確認します。
その他の拠点は近距離のため、カメラ映像で鉄塔が見えるかどうかを確認します。
有線ドローン「PARC」が採用された理由は、長時間の飛行が可能で強風にも耐えられる点です。
反射鏡で光を正確に飛ばすには、反射鏡の角度やタイミングを合わせるなど繊細な調整が必要となり、時間を要します。
無線のドローンでは約30分しか飛行できないため、調整中にバッテリーが切れ反射光を確認することが非常に難しくなります。
「PARC」であれば有線で給電されながら、長時間同じ場所に安定して飛行し続けることができるので、東京ガス様、ネクスト・エス様にご評価いただき採用となりました。 当日は、天候も良く、準備は予定通りにできました。

当日の様子

※画像をクリックすると拡大します。
午前中は風がでていましたが、映像はほとんどブレることなく撮り続けることができ、無事に各拠点の見通し調査を終えました。
今後もこのような長時間の高所の点検・調査や観測等、ドローンを活用したビジネスに取り組んでまいります。


TOPに戻る


消防庁の「消防防災科学技術研究推進制度」に採択 消防庁の「消防防災科学技術研究推進制度」に採択
消防庁の消防防災科学技術研究推進制度研究課題に株式会社理経の「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」が採択され、当社は、有線型ドローンPARCの技術・製品提供で株式会社理経に協力しています。
工学院大学で空撮ライブ中継システムの実証実験 工学院大学で空撮ライブ中継システムの実証実験
2018年1月18日に工学院大学 八王子(犬目)キャンパスで、大規模災害時にドローンが火のみやぐらとして現場映像を送る「空撮ライブ中継システム」の公開実証実験が行われました。
会場には、沢山の消防関係の方にお越しいただきました。
工学院大学の八王子(犬目)キャンパスと新宿キャンパスには、防災対策としてFWAを利用した自営回線の長距離無線LANが導入されています。
今回の実験では、有線ドローンPARCから撮影した映像を、長距離伝送環境(新宿―八王子間34km)を通してご確認いだきました。
また、PARCの組立てから飛行までの一連の操作をご覧いただき、現場を想定したシミュレーションを行いました。
災害時の迅速な対応・救助活動の支援ができるよう、引き続き取り組んでまいります。
※クリックすると拡大します。

※資料提供 株式会社理経様

TOPに戻る


消防庁の「消防防災科学技術研究推進制度」に採択 消防庁の「消防防災科学技術研究推進制度」に採択
株式会社理経の「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」が消防庁による「消防防災科学技術研究推進制度」における平成29年度新規研究課題で採択されました。
「消防防災科学技術研究推進制度」は、消防防災行政に係る課題解決や重要施策推進のための研究開発を委託する競争的資金制度です。
研究内容は、大規模災害時の災害状況を有線ドローンを使用して可視光カメラとサーマルカメラによる空撮とFWA(専用無線を使用する通信サービス)を使用した移動中継車による通信を併用し、災害現場映像をG空間情報を利用したシステムで表示するものです。
当社は、有線型ドローンPARCの技術・製品提供で株式会社理経に協力しています。

前橋市消防局で運用実験開始 前橋市消防局で運用実験開始
2017年8月29日に前橋市消防局北消防署白洲分署で実験の公開が行われました。
会場には、研究の関係者だけではなく有線ドローンの有用性を確かめるために全国の消防局や官庁からも見学者が集まりました。
実験会場に置かれたPARC(パーク)は、122mのケーブルを巻き取っているスプーラーと200Vの電力を1070Vに昇圧して給電する電源装置と連動し指令席に置かれたPCからのコマンドにより指定した高度に上昇し上昇後は地上のスプーラーが常にケーブルを張った状態に維持して、PARC(パーク)本体は地上から引っ張られる状態で安定した高度を保ちました。
飛行中は、離陸した地点からほぼ垂直に上昇した位置を維持し続け過度に移動することはありません。
PARC(パーク)本体の位置を移動させるコマンドはないので、360度に回転するカメラを操作して上空から地上の様子をモニターしました。
前橋市消防局にFWA電波による画像伝送システムを納入した実績のある株式会社理経は、有線ドローンからの映像をG空間情報と呼ばれる災害対策情報の共有システムに中堅する様子も紹介しました。
PARC(パーク)の性能は、最大で800時間の連続運転が可能になっているが安全を考慮して7日間の連続運用が推奨されています。
また、本体にはバッテリーも内蔵されていてケーブルからの電源が失われても自力で着陸できるように設計されています。
公開実験の最後には、電源装置にある「緊急停止」ボタンを押してドローンへの電源を停止し機体が自力で着陸する様子も紹介されました。
前橋市消防局では、今後も寒冷時の飛行や夜間での赤外線カメラによるモニタリングなどの実験を行う計画です。
※クリックすると拡大します。

公開実験当日の撮影動画


※写真・動画提供 DroneTimes様
 資料提供 株式会社理経様

TOPに戻る


マラソン大会 2016年2月に都内で開かれたマラソン大会にて、警視庁からの要請で東京湾沿岸部から飛行しゴール付近を監視しました。
マラソン大会の数か月前から、モトローラ ソリューションズが警視庁へPARCをご紹介しておりました。
警視庁では、今回のマラソン大会に向け長時間安定した飛行が可能なドローンを探されており、PARCはその条件を満たすと判断されマラソン大会での飛行が実現しました。
PARCのメーカーであるCyPhyWorks社はアメリカのボストンにあり、マラソン大会の為にスタッフ5名が来日し、田中電気とモトローラ ソリューションズ、 CyPhyWorks社、海上から警視庁への映像伝送を担う株式会社ソリトンシステムズの4社で急ピッチで準備を進めました。
複数の飛行場所が検討されましたが、GPSの感度や万が一落下してランナーや観客への被害を及ぼすことがないように海上で台船からの飛行となりました。

有線ドローンPARC マラソン大会当日 午前8時に芝浦の港から出航し東京湾沿岸部の指定の場所まで移動しました。
午前11時 台船に乗せたPARCは海上からの強風が吹く中、徐々に高さを上げ高度80mまで上昇し定点で飛行し続けました。
約2時間の間 強風でゴール付近に設置されたバルーンが激しく揺れる中であってもほとんど揺れることなく連続飛行しました。
搭載されているカメラで台船から約200m離れたゴール付近をズームして監視しましたが、ほぼ揺れることなく映像が乱れることなく警視庁へ送り続けました。
途中警視庁からの連絡で、飛行高度や監視対象を変更する際も安定した飛行を続けました。
午後1時に警視庁より監視終了の連絡がありPARCは下降を始め無事に台船へ着陸しました。
マラソン大会の監視業務は大成功で終えることができました。
翌日の各局テレビや新聞で報道され、注目を浴びました。
今後も大規模イベントの撮影・監視・防犯での活用や、災害時での活躍が想定されます。

マラソン当日の海上離着陸撮影動画




TOPに戻る