秋葉原ドローンスクール(ADS)

国家資格

ドローンの国家資格について

ドローンの国家資格は、大きく分けて「一等無人航空機操縦士」と「二等無人航空機操縦士」があります。
一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士とでは下表のカテゴリーに沿ってできることが分かれています。
また、二等無人航空機操縦士の中に2つのカテゴリーがあり、以下の表のように分けることができます。

国家資格 区分 カテゴリー 許可・承認
一等無人航空機操縦士 有人地帯における補助者なし目視外飛行 カテゴリーⅢ 必要
二等無人航空機操縦士 空港周辺、150m以上の飛行、催し場所の上空
危険物輸送、物件投下、総重量25㎏以上の無人航空機
カテゴリーⅡA 必要
DID上空、夜間飛行、目視外飛行、
人または物件から30mの距離を取らない飛行
カテゴリーⅡB 不要
無資格 周囲の安全を確保した飛行、リスクが低い場合、
登録が不要な模型飛行機(100g未満)のラジコン等
カテゴリーⅠ 不要

※上記の表は限定解除した場合です。

※上記の表は限定解除した場合です。
※上記の表は横にスライドします。

ドローンを飛行させるうえでリスクを3つに分類しています。
リスクの低い飛行形態からカテゴリーⅠ、カテゴリーⅡ、カテゴリーⅢとリスクレベルを三段階に分けています。

【リスクの最も高い飛行】
カテゴリーⅢ
機体 機体認証を義務付け
操縦者 操縦のライセンスを義務付け
運航ルール 運航ルールの遵守を個別審査
(許可・承認)
【比較的リスクの高い飛行】
カテゴリーⅡ
個別審査不要
機体 機体認証
操縦者 操縦のライセンス
運航ルール 飛行計画の通報
第三者上空の飛行禁止などの遵守
個別審査(現行制度の継続)
機体・操縦者・運航ルール 個別に審査
※訪日外国人など、予め認証やライセンスの取得が困難な場合
【リスクの低い飛行】
カテゴリーⅠ
所有者と機体の情報の登録を導入
(リモートID)
所有者への飛行ルールの確実な周知
出典:小型無人機の有人地帯での目視外飛行(レベル4)の実現に向けた制度設計

民間資格から国家資格へ

民間資格から国家資格へ

国家資格の制度が開始しても、民間資格を保有している方はこれまで通り国土交通省への飛行許可・承認に使用することが可能です。
また、民間資格は2025年12月5日以降に効力は失効いたしますが、取得にかかった時間や費用が無駄になることはございません。
民間資格の講習を修了された方は国家資格をご取得される際、講習を経験者として始めることができ、初学者と比較して時間が1/3以下に減免となります。

国家資格の取得方法

民間資格を所有している方は国家資格を登録講習機関で取得する場合、学科や実地の時間を減ずることが可能です。
初めて資格を取得する方に比べて、短時間で取得することができます。

国家資格の取得方法の流れ

国家資格の取得方法の流れ

講習時間の比較

二等無人航空機操縦士の限定変更をしない方は、民間資格を所有していると最低6時間で試験を受験できます。
民間資格を所有していない方は最低20時間必要となります。
結果、民間資格所有者は最低14時間、優遇されます。

1等 限定変更なし ドローンの操縦をしたことがない人 経験者(民間資格を所有)
学科講習時間 18時間以上 9時間以上
実地講習時間 50時間以上 10時間以上
合計 68時間以上 19時間以上
2等 限定変更なし ドローンの操縦をしたことがない人 経験者(民間資格を所有)
学科講習時間 10時間以上 4時間以上
実地講習時間 10時間以上 2時間以上
合計 20時間以上 6時間以上

※試験時間は含まれていません。

※上記の表は横にスライドします。

国家資格を受講するなら秋葉原ドローンスクール

二等無人航空機操縦士

二等無人航空機操縦士

「二等無人航空機操縦士」取得に必要な学科講習、実地講習を行います。
初学者コースは、ドローンの操縦経験がない方・何年も操縦をしておらず基礎から学びたい方に向けたコースです。
経験者コースは、ドローンの民間資格を保有されている方に向けたコースです。
両コース共、講習修了後には実地試験を行い、合格された方は指定試験機関における実地試験が免除されます。
二等無人航空機操縦士の詳細はこちら

講習期間 【初学者】
4日間(実地講習:3日/実地試験:1日)
【経験者】
2日間(実地講習:1日/実地試験:1日)

※夜間・目視外は上記と別講習になります。

学科講習はオンラインで行います。
動画を再生する形式で、お好きな時間にご自宅で聴講可能です。


学科講習時間については「各コースの違い」をご覧ください。
開催日 毎月開催
詳しくはスケジュールをご覧ください。
料金 詳しくはお問い合わせください。
定員 【初学者】
平日クラス 8名

【経験者】
平日クラス 8名/土日クラス 8名

一等無人航空機操縦士

一等無人航空機操縦士

「一等無人航空機操縦士」取得に必要な学科講習、実地講習を行います。
初学者コースは、ドローンの操縦経験がない方・何年も操縦をしておらず基礎から学びたい方に向けたコースです。
経験者コースは、ドローンの民間資格を保有されている方に向けたコースです。
両コース共、講習修了後には実地試験を行い、合格された方は指定試験機関における実地試験が免除されます。
一等無人航空機操縦士の詳細はこちら

講習期間 【初学者】
17日間(実地講習:16日/実地試験:1日)
【経験者】
4日間(実地講習: 3日/実地試験:1日)

※夜間・目視外は上記と別講習になります。

学科講習はオンラインで行います。
動画を再生する形式で、お好きな時間にご自宅で聴講可能です。


学科講習時間については「各コースの違い」をご覧ください。
開催日 毎月開催
詳しくはスケジュールをご覧ください。
料金 詳しくはお問い合わせください。
定員 【初学者】
平日クラス 8名

【経験者】
平日クラス 8名/土日クラス 8名

オリジナルコース

トライアルコース

トライアルコース

「トライアルコース」は『操縦未経験から一等資格の取得を目指す方』に向けたコースで、2日間で効率的に操縦経験を積むことができます。
このコースの修了後には一等と二等の国家資格講習を「経験者」として始めることができ、「初学者」のコースと比較して講習時間を大幅に減らすことができます。
カリキュラムには一等実地試験対策が盛り込まれており、ドローンスクールを卒業したけど、何年も操縦していないという方にもおすすめのコースです。
トライアルコースの詳細はこちら

講習期間 2日間 (講習:1日/試験:1日)
学科講習はありません
開催日 毎月開催
詳しくはスケジュールをご覧ください。
料金 詳しくはお問い合わせください。
定員 平日クラス 8名/土日クラス 8名

ベーシックコース

ベーシックコース

「ベーシックコース」は『操縦未経験から二等資格の取得を目指す方』におすすめのコースです。
ベーシックコースのカリキュラムは二等試験対策に特化しており、二等試験の操縦練習を行いながら飛行経験を積むことができます。
ベーシックコースの修了後には、二等講習を「経験者」として始めることができ、「初学者」と比較して必要日数を1日減らすことができます。
ベーシックコースの詳細はこちら

講習期間 1日間 (講習&試験:1日)
学科講習はありません
開催日 毎月開催
詳しくはスケジュールをご覧ください。
料金 詳しくはお問い合わせください。
定員 平日クラス 8名/土日クラス 8名

受講者限定で、特別宿泊プランをご用意

特別宿泊プランのご案内
特別宿泊プランのご案内

無料体験説明会お申し込み

無料体験説明会 受付中!
無料体験説明会 受付中!

お問い合わせ

お問い合わせは
こちらをご覧ください。